仲介手数料無料or割引70%のゼロエンドットコム

不動産仲介手数料について
  • 不動産仲介手数料とは
  • 仲介手数料の計算式
  • 仲介手数料無料or割引70%になる理由
  • 仲介手数料無料or割引70%はこんなにお得
  • 手続きの流れ
  • 仲介手数料の仕組み
  • お約束
当社サービスについて
  • 当社サービスの特徴
  • 当社サービスはこんなに安心
  • 仲介手数料無料or割引70%サービスQ&A
  • 運営会社について
  • ローンシミュレーション
売却の依頼
リンク
アットホーム

仲介手数料の計算式

仲介手数料の計算方法

仲介手数料の金額がどのように決められているのかというと、宅地建物取引業法によってその業務に関し規定があり、それをもとに決定しています。

一般的な仲介手数料は物件価格の3%+6万円+消費税ということになっています。これは価格400万円以上の物件に関しての速算法であり、正式には国土交通省により決められた規定に沿った形で算出されます。物件の価格における、200万円以下の部分については5.25%、 200万円から400万円までの部分については4.2%、400万円を超える部分については3.15%を乗じた金額をそれぞれ求め、その合計が仲介手数料になります。以下の表でそれぞれの価格帯にかかる仲介手数料の割合をご確認ください。

仲介手数料の報酬区分

乗率のかかる金額部分仲介手数料の乗率
① 200万円以下の部分100分の5.25
② 200万円を超え400万円以下の部分100分の4.2
③ 400万円以上の部分100分の3.15

物件価格2000万円の場合の仲介手数料計算例

正式な仲介手数料の計算方法仲介手数料の速算法(3%+6万円+消費税)
① 200万円 × 5.25% = 10.5万円
② 200万円 × 4.2% = 8.4万円
③ 1600万円 × 3.15% = 50.4万円
合計:69.3万円
(2000万円 × 3% + 6万円) × 1.05 = 69.3万円
合計:69.3万円

仲介手数料速算法による一覧(500万円〜10000万円)

物件価格速算法による仲介手数料
500万円22.05万円
1000万円37.8万円
1500万円53.55万円
2000万円69.3万円
2500万円85.05万円
3000万円100.8万円
3500万円116.55万円
4000万円132.3万円
4500万円148.05万円
5000万円163.8万円
6000万円195.3万円
7000万円226.8万円
8000万円258.3万円
9000万円289.8万円
10000万円321.3万円

仲介手数料についての大きな勘違い

仲介手数料について注意しなければならないことがあります。それは、不動産売買の仲介手数料が「物件価格の3%+6万円+消費税」ではないということです。

では正しい仲介手数料とは、というと、「物件価格の3%+6万円+消費税以下」つまり、計算式によって求められた価格以下であれば何%でもかまわないということです。
たとえば上の例で出てきた2000万円の物件ですと、仲介手数料の上限は69.3万円となります。ただしこれはあくまで上限ですので、実際の仲介手数料は69.3万円以下の何万円でも あり得るということです。

ゼロエンドットコムでは仲介手数料無料or割引70%というご提案をさせていただきます。このように仲介手数料について正しく理解していれば、不動産取引をかしこく、お得に進めることができるのです。